本日、消費税増税法案が衆議院を賛成多数で通過しました。
「将来の社会保障のため・・・・」とし、税と社会保障の一体改革と
言ってますが、増税のみが先行してます。
税金が上がるが、我々の社会保障はどうなるのか?
その姿が全然見えてきません。
そういった中でこの法案はあまりに性急な感がして、賛成してません。

急に民主、自民、公明で3党合意に達したなんて、
国民を見るよりも、政局重視に感じてなりません。

当然、消費税を上げると消費は落ち込み企業収入も減る。
デフレスパイラルにある日本で、先行きが不透明な今、消費者購買意欲の低下や
税収UPを中小企業が被ってしまう現象にもつながりかねない。
景気対策をどうするかの議論ももっと、真剣にし、すべてをオープンにして
国民に説明して欲しいものです。