新年明けましておめでとうございます。
皆様にとって幸多い1年になります事を祈念いたします。

 申年、酉年、そして今年は戌年。 
桃太郎なら、大仕事に向けて仲間が揃う年です。 
皆さまにとりましても、成すべき事に向け、
輪が拡がる年となります事を祈念致します。

   

 

 

昨年は、多くの若者が世界で活躍し、その姿に皆さんも
勇気と元気をもらったのではないでしょうか。 
卓球の張本選手、バドミントンの奥原選手、テニスの錦織選手、
ゴルフの松山選手、将棋の藤井棋士・・・・。 
 彼らは皆、憧れの方がいて、その方を目標とし、少しでも追いつきたい、
そしていつかは追い越したいと努力して来ました。 
何ごとも導いてくれる先人がいて、それを超えていくからこそ進化があるのです。

 今年、本県は維新150年を迎えます。 
維新とは「変革」の意味を持つ語であり、
和訓では「これあらた」と読みます。
この代表としてあげられるのが、明治維新であり、
それを成し遂げたのは我ら長州藩の先人の方々です。 

 日本は今、人口減少や少子高齢化が、他国でも経験した事の無いスピードで進んでいます。
維新150年の戌年、先人の方々を超えた「維新」を成し遂げる為にも、
山口県民、防府市民がしっかりとタッグを組み、新しい次代を創っていきましょう。